【重要】「昨年の交通事故発生状況です」

2017.02.10

シェアサイクルをご利用の皆さん、こんにちは、警視庁交通部です。
都内でも寒い日が続き、風邪やインフルエンザも流行っているようです。外出から戻った際は、忘れずにうがい、手洗いをして健康に気をつけてください。

ところで皆さん、昨年中に都内でどれくらい交通人身事故が発生したと思われますか?

○平成28年中の交通人身事故発生件数    32,412件 死者数159人
このうち、自転車の交通事故については、  11,218件 死者数 36人

となっており、自転車の交通事故でお亡くなりになった方は、残念ながら平成27年中の33人から3人増加となりました。
また、交通事故全体に対する自転車の事故は約35%を占めていますが、みなさんも自転車の事故が多いと思いませんか?

ちなみに昨年中の自転車の交通死亡事故全体のうち、約64%が自転車側に何らかの違反がありました。おそらく自転車を歩行者に近い感覚で乗っている方も多いのではないかと思いますが、自転車は歩行者でなく車両の仲間です!
自転車は手軽で便利な乗り物ですが、交通事故に遭わない!起こさない!ためにもルールを正しく守って乗りましょう。

2月は自転車の死亡事故が多い月です。

○平成27年  9人
○平成28年  3人
の方が自転車の交通事故で亡くなっています。
特に裏路地の交差点での出会頭や、右左折時の車に巻き込まれる事故が多発しています。警視庁交通部では「交差点アイコンタクト運動」を実施中です。交差点では一時停止や安全確認を必ずおこない、あわせて車の運転手や歩行者とも目を合わせてから進む「アイコンタクト」を忘れないようにしましょう!

※交通安全情報について、警視庁ホームページはこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加