【重要】「安全意識を持った運転を!」

2017.01.10

いつも港区自転車シェアリングをご利用いただきありがとうございます。

また、交通マナーを守り安全運転にご協力いただき、重ねて感謝いたします。
以下、警視庁交通部からのお知らせです。

コミュニティサイクルをご利用の皆さん、こんにちは、警視庁交通部です。新しい年が始まりましたね。本年が皆さんにとって、すばらしい一年となりますよう、心より祈念申しあげます。

ところで皆さんの中には、自動車を運転される方もいらっしゃると思いますが、自転車が車道を走っているのを見て、邪魔だなぁ…とか、危ないなぁ…とか、つい感じたことはありませんか?
自転車は「車両の仲間」です。自転車は、原則として車道の左側を通行します。自動車を運転する際は、ぜひ自転車に対して思いやりを持った運転をしてください。
では、自転車に対する思いやりのある運転とはどのようなことをいうのでしょうか?

たとえば・・・
(1)自転車のそばを通るときは、安全な間隔と速度で
自転車のそばを通るときは、自転車のふらつきなどを予測し、自転車との間に安全な間隔を空けるか、徐行しなければなりません。
(2)ドアを開けるときは、自転車に注意
車のドアを開けるときは、自転車などがいないか、後方の安全を確認しなければなりません。
(3)車道を通行する自転車の安全に配慮した運転を自転車は不安定であり、運転者の身体を防護する機能がないので、車道を通行する自転車の安全に十分配慮する。
(4)歩道等を横切る場合の一時停止
路外に出入りするため歩道や路側帯を横切る場合には、その直前で一時停止をし、自転車がいないか確かめる。
(5)交差点では自転車の巻き込みに注意
交差点を通行するときは、交差道路を通行する自転車や左側を通行している自転車の巻き込みなどに十分注意する。

以上が自動車を運転する際、自転車と交通事故を起こさないために、皆さんにぜひ気を付けていただきたい警視庁交通部からのお願いです。

自転車を運転するときも、自動車を運転するときも、ルールを守った優しい運転を心掛けましょう!
※交通安全情報について、警視庁ホームページはこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加