東京自転車シェアリング広域ポートマップ

1日販売パス窓口は こちら



東京自転車シェアリングとは?



東京都内9区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区、渋谷区)において、9区すべてのポートで貸出・返却することが可能となります。
※練馬区では返却できません。
実験期間
2016年5月1日(日)以降も当面の間、継続して実施いたします。
対象地域
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区、渋谷区
※サイクルポート470か所、自転車5,600台(2018年6月末時点) 今後順次拡大予定です。
ご利用料金
追加料金なく、現在のご利用料金のままご利用いただけます。

※1:1日パスでの有人受付でのご利用時は専用ICカードの発行が必要となります。パスコードでの利用はできません。
※2:クレジットカードで購入の場合は一度返却すると利用終了となります。複数回貸し借りされる場合は一時駐輪にて一般駐輪場をご利用頂き、利用終了の際のみポートにご返却ください。
※3:交通系ICカードにて決裁頂いた場合、ご返却までの開錠キーは決裁頂いた交通系ICカードとなります。精算については登録機にかざして頂いた時のみです。開錠の際に自転車にかざしても課金はされません。


安全運転

自転車安全利用マナー

コミュニティサイクルを利用すれば、自転車を購入する手間も、駐輪場を借りる手間も省けます。ルールを守って気軽にご利用ください。
平成27年6月1日から改正道路交通法の施行に伴い、自転車運転中に危険なルール違反をくり返すと自転車運転者講習を受けることになります。
詳しくは、警視庁HPの自転車運転者講習制度(平成27年6月1日施行)をご覧ください。
自転車の正しい乗り方は、警視庁HPの自転車安全リーフレットをご覧ください。
 

自転車安全利用五則

1:自転車は、車道が原則、歩道は例外
2:車道は左側を通行(車道の右側通行禁止)
3:歩道は歩行者優先で、自転車は車道寄りを徐行
4:安全ルールを守る
→飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
→夜間はライトを点灯
→信号遵守と交差点での一時停止・安全確認
5:子どもはヘルメットを着用
子どもだけでなく大人の方もヘルメットを着用しましょう!
詳しくは警視庁HPの自転車安全利用五則をご覧ください。
自転車シェアリングの安全で快適な利用案内(PDF)>も合わせてご覧ください。



各サービスエリア

よく利用する地域でご登録ください。
各エリアをクリックしログイン後「サービスを提供する」より自転車を指定し乗車ください。
以下のエリアは同じIDで利用でき、自転車の返却が可能です。
千代田区コミュニティサイクル
ちよくる
会員登録
中央区コミュニティサイクル
中央区コミュニティサイクル  
会員登録
港区自転車シェアリング
港区自転車シェアリング
会員登録
新宿区自転車シェアリング
新宿区自転車シェアリング
会員登録
文京区自転車シェアリング
文京区自転車シェアリング
会員登録
江東区臨海部コミュニティサイクル
江東区臨海部コミュニティサイクル
会員登録
品川区シェアサイクル
品川区シェアサイクル
会員登録
大田区コミュニティサイクル
大田区コミュニティサイクル
会員登録
渋谷区コミュニティサイクル
渋谷区コミュニティサイクル
会員登録


説明動画

ページトップへ▲