【安全情報】「危ない!傘さし運転」

2020.06.10

警視庁交通部より交通安全情報に関するお知らせです。

シェアサイクルをご利用の皆さん、こんにちは、警視庁交通部です。
梅雨の季節がやってきました。雨の中自転車で出かける際には、晴天時に比べて雨で視界が悪くなりますので注意が必要です。ところで、カッパを着る手間を惜しんで、つい傘をさして自転車に乗ろうと思ったことはないですか?ただでさえ視界が悪い中、更に傘で歩行者等を隠すのは大変危険です。絶対しないで下さいね!

雨の日に傘をさして前が見えない、とても危険です。それ以外にも自転車に乗りながら傘をさすと…
○ ブレーキを前後輪同時にかけられず、制動距離が長くなります。
〇 片手運転になり正確なハンドル操作ができず、歩行者等にぶつかる危険性があります。
〇 傘が風に煽られてバランスを崩し、転倒して大怪我をすることも。

傘を自転車に固定させる装置を使用して傘をさすのも…ダメなんです! 
○ 安定を失うおそれのある方法で自転車を運転するのは、大変危険です。

雨の日に自転車に乗るならレインコートやレインウェアを着ましょう。着るのに手間がかかるなぁなんて思われるかもしれませんが、その手間を惜しんだがために交通事故を起こすことも…。自転車に乗る際は傘をささない、守ってくださいね!

※ももいろクローバーZから、交通安全についてのメッセージ動画です!
→ https://www.safetyaction.tokyo/

◆交通事故発生マップ 東京都内各地域の交通事故の発生状況が一目でわかります。
身近な交通事故や多発している交通事故を把握して、交通安全にお役立てください。
「交通事故発生マップ」はこちらから
※交通安全情報については、こちらから