【安全情報】皆で作ろう!ながら運転のない新時代

2019.05.10

警視庁交通部より交通安全情報に関するお知らせです。

シェアサイクルをご利用の皆さん、こんにちは、警視庁交通部です。
今月から年号が変わり、平成から「令和」となりました。皆の力で良い時代にしていきたいものですね。そこで、日本の新たなスタートを契機に、改めて自分の交通安全意識を見直してください。交通ルールとマナーを守って、交通事故のない、新たな時代を築いていきましょう!

ところで皆さんの中には、未だに「ながら運転」なんてしている人はいませんよね?
もししている方がいたら、交通事故に繋がる「ながら運転」の危険性をここで再確認です。

○ 片手運転になり正確なハンドル操作ができない。
ちょっとした段差でもハンドルが取られ、バランスを崩して転倒したり、片方でのブレーキ操作になるため、安全に減速できません。

○ 視野が狭くなり、周囲の安全を正しく確認できない。
視野を大きく損ない、周囲の状況に対する状況把握が困難になります。車や歩行者の接近に気付かない危険性が。

また、携帯電話を手でもって通話したり、メール等をして自転車を運転すると、法令違反となります!

スマホ等を操作するときは自転車を降りて、安全な場所でメール等を確認しましょう!皆さんの力で「ながら運転」のない、新たな時代の幕開けです!

◆交通事故発生マップ
東京都内各地域の交通事故の発生状況が一目でわかります。
身近な交通事故や多発している交通事故を把握して、交通安全にお役立てください。
「交通事故発生マップ」はこちらから