港区自転車シェアリング トップ >  6月1日(月)から「自転車運転者講習制度」が始まります

6月1日(月)から「自転車運転者講習制度」が始まります

2015.6.5

いつもコミュニティサイクルをご利用いただきありがとうございます。

 平成27年6月1日(月)から道路交通法の改正により、自転車の運転者を対象とした「自転車運転者講習制度」が施行されました。  これは、”信号無視”や”一時不停止”、”酒酔い運転”などの危険な違反行為をして2回以上摘発された運転者に対して「自転車運転者講習」(受講料5700円)を受けることを義務づけるもので、指定期間(3ヶ月以内)に講習を受けなかった場合には「5万円以下の罰金」という罰則も設けられております。

 摘発や受講命令の対象となる危険行為として14の項目が設定されています。

 (1)信号無視
 (2)通行禁止違反
 (3)歩行者用道路における車両の義務違反 (徐行違反)
 (4)通行区分違反
 (5)路側帯通行時の歩行者の通行妨害
 (6)遮断踏切立入り
 (7)交差点安全進行義務違反等
 (8)交差点優先車妨害等
 (9)環状交差点安全進行義務違反等
 (10)指定場所一時不停止等
 (11)歩道通行時の通行方法違反
 (12)制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
 (13)酒酔い運転
 (14)安全運転義務違反

”安全運転義務違反”には、スマホや携帯を使用しながらの運転や、イヤホンで音楽を聞きながら運転、夜間走行時の無灯火などの行為も摘発の対象になる可能性がありますのでご注意ください。

みなさま、自転車のご利用の際は、交通ルールやマナーを守り、思いやりのある運転を心がけください。

詳しくは、道路交通法一部改正の概要が警視庁HPに御座いますのでご覧ください。
※警視庁HP
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle/kousyu.htm


  • このエントリーをはてなブックマークに追加