コミュニティサイクル利用しづらい状況について
2017.07.10


シェアサイクルをご利用の皆さん、こんにちは、警視庁交通部です。
いよいよ夏の到来ですね。これから暑くなっていきます。

皆さんの中には自転車で遠出をしようとお考えの方もいらっしゃると思いますが、そんな時は夏の暑い日差しに注意です!適度に水分を取り、休憩を挟む等、熱中症にならないように気を付けましょう!

ところで皆さんは、平成27年6月1日に施行された
「自転車運転者講習制度」
についてご存知ですか?

この講習制度は、自転車を運転していた際に、
「危険行為による違反切符で取締りを受けた」
又は「危険行為を原因とする交通事故を起こした」
といった悪質、危険な行為を3年以内に2回以上行った場合に、公安委員会からの命令を受けて、命令から3ヶ月以内の指定された期間内に講習を受講することで、自らの行為を反省するとともに、交通ルールに従った正しい運転を促すことを目的としたものです。

講習の対象となる「危険行為」とは、
○ 信号無視
○ しゃ断踏切立入り
○ 指定場所一時不停止等
○ 歩道通行時の通行方法違反
○ 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
○ 酒酔い運転
等の14種類の交通違反が、「危険行為」として指定されています。

受講時間は平日の午前若しくは午後に3時間、受講手数料は5,700円です。
もし、受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられることになります。

講習制度が施行されて2年が経過し、本年5月31日までの間に、都内では既に24人の方が命令を受け、自転車運転者講習を受講しています。
皆さんは、このような講習を受けなくて済むように、交通ルールを守って事故のない安全で快適な自転車利用を心がけてくださいね!
※交通安全情報について、警視庁ホームページはこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加