「自転車安全利用TOKYOキャンペーン実施中です!」

2017.05.10

シェアサイクルをご利用の皆さん、こんにちは、警視庁交通部です。

これから自転車に乗るのが気持ちいいシーズンになってきましたね。しかし、皆さんと同様に街を散策する人やバイク乗りの方にとっても良いシーズンになりますので、歩行者やバイクと事故を起こさないよう十分注意して下さい!

ところで皆さん、5月1日(月)から5月31日(水)まで、都内では、「自転車安全利用TOKYOキャンペーン」が実施され、様々な自転車に関連するイベントが開催されるのはご存知でしたか?
警視庁も基本的な自転車の交通ルールを皆さんに知ってもらうための活動をします。皆さんは「自転車安全利用五則」をご存知でしょうか?ご存じない方はこの機会に覚えておいてください。ご存知の方はもう一度一緒に復習をしましょう。

「自転車安全利用五則」
○ 自転車は、車道が原則、歩道は例外
○ 車道は左側を通行
○ 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
○ 安全ルールを守る
   飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   夜間はライトを点灯
   交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
○ 子どもはヘルメットを着用

万が一交通ルールを守らなかった場合は、自転車とはいえ厳しい罰則があることも併せて忘れないでください。

さらに、信号無視等14類型の危険な違反で取締りを受けたり、交通事故を起こしてしまった。という行為を、3年以内に2回以上行った場合は、東京都公安委員会から「自転車運転者講習」の受講命令があり、該当者は講習を受ける義務が発生します。この受講時間は3時間で、受講手数料5,700円が必要となります!!
交通ルールを知って、守って、楽しい自転車ライフを過ごしましょう!

※詳しくは、警視庁ホームページで確認してください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加