【重要】「年の瀬の交通事故にご用心!」

2016.12.09

いつも千代田区コミュニティサイクル「ちよくる」をご利用いただきありがとうございます。

コミュニティサイクル(自転車シェアリング)をご利用の皆さん、こんにちは。
早いもので今年も残りわずかとなりました。しかし、12月は「師走」と呼ばれるように、色々忙しくなることから気も焦りがちです。そんな時ほど、つい思わぬミスをしてしまいがちです。小さなミスが大きな事故に繋がることも少なくありません。急ぐ時ほど慎重に落ち着いて運転するように心掛けましょう。

残念ながら、都内では年末を目前にして、自転車の死亡事故が多発しています。
○10/4 板橋区内の裏通りの交差点において、自転車が貨物自動車と出会頭に衝突し、自転車に乗っていた女性が亡くなった事故
○11/14 足立区内の環七通りにおいて、道路を横断していた自転車が乗用車と衝突し、自転車に乗っていた男性が亡くなった事故 
これらを含めて10月、11月の2ヶ月間だけで、9名の方が亡くなっています。
また、12月8日現在、自転車に乗っていて交通事故で亡くなった方が34人となっており、昨年の同時期と比較しても5人多くなっています。

では、交通事故を起こさないため、また身を守るためには、何に気を付ければいいのでしょうか?
○一時停止標識を必ず守りましょう!
一時停止標識があるところでは必ず止まり、しっかり左右を確認しましょう。一時停止標識のない交差点でも必ず減速して、しっかりと安全確認をしましょう。
○アイコンタクトで相手との意思の疎通を!
自動車には死角があります。相手の運転者と目を合わせて自分の存在に気付いているかどうかを確認し、意思の疎通を図りましょう。
○ながらスマホは厳禁です!
自動車では、ながら運転が原因となる多くの悲劇が報道されています。「でも、自転車だから…」軽い気持ちでスマホを使用しながら自転車に乗ることは事故の素です!
○ヘルメットをかぶりましょう!
自転車の死亡事故で亡くなった方の約7割が頭部損傷によるものです。子どもだけでなく、大人もヘルメットをかぶって頭を守りましょう。

交通事故に遭うのは運が悪い!? いいえ、そんなことはありません! ほんの少し意識を変えるだけで、交通事故は防げます!
ルールとマナーを守って、よい新年を迎えましょう。
※交通安全情報について、警視庁ホームページはこちらから



  • このエントリーをはてなブックマークに追加