【重要】「ライトオン16(イチロク)キャンペーン実施中です!」

2016.10.07

いつも千代田区コミュニティサイクル「ちよくる」をご利用いただきありがとうございます。また、交通マナーを守り、安全運転にご協力いただき、重ねて感謝いたします。

コミュニティサイクルをご利用の皆さんは、10月に入って急に日没時間が早くなってきたと思いませんか?「秋の日はつるべ落とし」という言葉があるように、これからの季節は夕暮から日没までの時間が非常に早くなります。そうした気候の変化と、車両交通量が増加する時間帯が重なることにより、10月から12月にかけては、夕暮時(午後4時から午後6時)の交通事故が突出して増加する傾向があります。

東京都内における過去5年間(平成23年から平成27年まで)の自転車乗用中の交通事故による、死者・重傷者数の統計をとったところ、
○ 第1四半期(1月から3月まで) 死者~41人、重傷者~140人、計~181人
○ 第2四半期(4月から6月まで) 死者~51人、重傷者~132人、計~183人
○ 第3四半期(7月から9月まで) 死者~31人、重傷者~124人、計~155人
○ 第4四半期(10月から12月まで)死者~51人、重傷者~160人、計~211人
と、他の季節に比較しても非常に増加している傾向が現れています。
 
このため、警視庁交通部では、全ての車両を運転する方が16時(午後4時)からのライト点灯を習慣づけていただくため、「ライトオン16(イチロク)キャンペーン」を推進しています。

このキャンペーンは、夕暮れ時の早めの時間からライトを点灯することにより、
○ 歩行者や他の車両の存在を早く発見する。
○ 自車の存在を歩行者や他の車両に早く知ってもらう。
ことで、交通事故を抑止することを目的としたものです。
コミュニティサイクルの自転車は「自動で点灯」しますのでその点は安心ですが、念のため、乗る前にライトが点灯するか、反射板は壊れていないか、しっかり確認をして安全運転をお願いします!
 
また、ご自身が所持している自転車についてもきちんと点灯できているか、反射板は壊れていないか乗る前に確認をし、16時になったら「ライトオン」を忘れないでくださいね。

※交通安全情報について、警視庁ホームページはこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加